太陽光コラム

自家消費型太陽光で聞く逆潮流とは!?

皆さんこんにちは!

新潟で自家消費型の太陽光発電のことならテクノナガイにお任せ!

テクノナガイの江端です!

 

今回は、自家消費型太陽光発電システム導入の際に必ずと言っていいほど出てくる「逆潮流」についてお話しさせていただきます。

通常、電気は送電事業者から需要家へ向けて送電されており、これが需要家から「逆」に送り出されるため「逆潮流」と呼ばれます。

 

全量売電型や余剰売電型では、太陽光で発電している場合にこの「逆潮流」が発生しており、自家消費型太陽光発電の場合、この逆潮流は絶対に起きてはなりません。もしこのようなことが発生してしまうと、周波数の変動に耐え切れずに系統がダウンし、停電してしまいます。

 

この現象を防ぐために、自家消費型太陽光発電では、逆電力継電器(RPR)を設置する必要があります。

 

現在の自家消費型太陽光発電システムには、一般的に発電量の制御を行う「制御装置」をつけています。この「制御装置」は系統へ「逆潮流」を起こしてしまう前に、太陽光発電設備の出力を制御します。

 

これを使用することで、設置面積の最大限太陽光発電モジュールを設置することができ、自家消費型太陽光発電メリットを大きく享受することが出来ます。

 

全量売電型太陽光発電に加え、必要な工事、設備が増加する自家消費型太陽光発電ですが、補助金、優遇税制などの補助環境も整っており、今後ますます注目が高まってくる商材であると言えます。

弊社では、自家消費型太陽光発電の無料シミュレーションを実施中です!

補助金を活用した提案、優遇税制を活用した提案等、個別に丁寧な対応をさせていただいております。

 

是非一度ご相談ください!

 

 

新潟で自家消費型の太陽光ならテクノナガイ!

本日もお読みいただきありがとうございました!

テクノナガイに関するお問い合わせはお電話または下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
いただいたお問い合わせに関してはテクノナガイスタッフが誠意を持ってお答え致します。

お問い合わせ電話番号