スタッフブログ

水族館

先日こども2人を連れ「マリンピア日本海」に行ってきました。

このご時世なので、人が少ない開館直後に行くと狙い通り
まだ人も閑散としていて、館内をゆっくりと眺めることが出来ました。

今回は館内で催されていた「海を流れる物」という特別展示が特に印象に
残りました。

内容は読んで字のごとく「海を流れる物」、つまり海のゴミを
そのまま展示するという一風変わったイベントでした。
飲み物のビンや洗剤等が入っているプラスチック容器など
海岸を歩いているとよく見かけそうなゴミがそのまま展示されており
なかなかインパクトのある光景でした。

調べてみると、特にプラスチックは海洋生物の死亡原因にも大きくかかわっており
プラスチック自体も海の中で細かくなっていくものの、自然分解されず
数百年は海の中に残り続けるという話もありました。

私自身も改めてゴミ問題の怖さを実感しましたし
未来にきれいな海を残すのは、今の私たち一人一人の責任だと実感しました。
また今回の事は子供にとってもいい勉強になったかなと親の立場で
勝手に思っているところです。

このイベントは9/26まで開催されておりますので、
興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

筆者:佐々木

 

テクノナガイに関するお問い合わせはお電話または下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
いただいたお問い合わせに関してはテクノナガイスタッフが誠意を持ってお答え致します。

お問い合わせ電話番号