自家消費型太陽光発電

自家消費型太陽光発電について

自家消費型太陽光発電とは、太陽光発電システムで発電した電力を電力会社に売るのではなく、自社で消費するモデルです。
太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせて活用することで、日々の電気使用料金を大幅に削減することが可能となります。

そこで、テクノナガイは“太陽光発電”“蓄電池”に加えて、“省エネ”“新電力”をフル活用することで、様々なメリットをもたらすことを推奨しています。

  • 太陽光発電

    発電し、消費する。

  • 蓄電池

    蓄電し、ピーク時に活用する。

  • ECOMO

    消費電力を減らす。

  • LED照明

    消費電力を減らす。

  • 新電力

    電気料金を抑える。

電気料金削減メリット

安い電力作成
太陽光発電で作られた安い電力を自社で消費することで長期に渡って電気料金を削減します。
消費電力削減
省エネ機器(Ecomo・LED照明)を設置する事で消費電力を抑えて電気料金を削減します。
電気料金単価削減
今お使いになられている電力の契約先を新電力の会社に切り替えて電気料金単価を下げます。
基本料金削減
蓄電池を活用することでピークカットを行い基本料金を下げます。また夜間の安い電力を充放電することでコストを下げます。
付加される料金削減
電力会社から買う電力の使用量に応じて付加される「再エネ賦課金」「消費税」を下げることが可能です。

行政機関の支援制度

税制優遇制度
「中小企業経営強化税制」を活用することで「100%即時償却または10%税額控除」「固定資産税1/2(3年間)」「低利融資」を受けることが可能です。
環境価値取引制度
非化石価値取引がスタートしました。環境に良い電力を価値(1.3~4円/kwh)として売買することが可能です。

その他メリット

環境・社会貢献
COP21によるパリ協定の採択など国際的に持続可能な社会に向けた取り組みの中で、自家消費は「省エネ法」「RE100」「CO₂削減」「ESG投資」「SDGs」などに貢献します。
屋根の遮熱・保護効果
太陽光発電を屋根に設置する場合、雨や風から屋根を保護してくれます。また夏場は屋根へのがあり、冬場は屋根裏の熱を逃がさず保温効果があります直射熱を軽減し保冷効果。
非常時・災害時対策
非常時や災害時の停電で活躍するのが太陽光発電と蓄電池です。BCP対策として導入する企業が増加しています。

導入パターン例

  導入費用 経済メリット
太陽光発電 1,000万円 3,510万円
/30年間
蓄電池 200万円 390万円
/30年間
ECOMO 150万円 900万円
/30年間
LED照明 125万円 1,290万円
/30年間
新電力 0万円 330万円
/30年間
合計 1,475万円 6,420万円
/30年間

お申し込みフロー

  • お問い合わせ

  • 現地調査

  • 各種申請

    各種助成、優遇制度等の申請サポートを行います。

  • お支払い

  • 設置工事

  • 運用開始

よくあるご質問

売電型の方がメリットがあるのでは?
固定価格買取制度による全量売電の買取単価は年々減少しています。それに日々支払っている電気料金は年々上昇している為、「売る」より「使う」方がメリットが出ています。
太陽光発電はメンテナンスが必要?
2017年4月以降、法律が改正されメンテナンスが必須事項として定められました。
また、汚れによる発電量の低下も報告されていますので、メンテナンスは必要です。
売電型の方がメリットがあるのでは?
固定価格買取制度による全量売電の買取単価は年々減少しています。それに日々支払っている電気料金は年々上昇している為、「売る」より「使う」方がメリットが出ています。
太陽光発電はメンテナンスが必要?
2017年4月以降、法律が改正されメンテナンスが必須事項として定められました。
また、汚れによる発電量の低下も報告されていますので、メンテナンスは必要です。
太陽光発電は何年稼働するの?
30年以上の実績があります。日本で一番最初に太陽光発電が設置されたのは、
京セラ様の「佐倉ソーラーエネルギーセンター(千葉県佐倉市)」で1984年のことでした。
現在も稼働し続けています。
電力会社を切り替えることで電気の質は落ちませんか?
今ある送電網を通して電気をお届けしますので、今までと全く変わりません。
安全性も全く変わらないので、ご安心下さい。
スマートメーターの取り付けに費用は掛かりますか?
スマートメーターを設置する事でのお客様の負担はございません。
電力会社が負担する費用になっています。
万が一、新電力会社が電力供給不足になっても大丈夫ですか?
お客様には負担が生じません。万が一、電力供給不足が生じても、一般電気事業者から自動的に
電気が供給されます。お客様に新たな負担は発生しません。
LED照明の種類が多くて何を選べば良いか分かりません。
専門スタッフがお客様のご要望をお聞きし、最新・最適な商品をご案内します。
LED照明は故障しませんか?
商品・使用用途・使用環境により保証期間は異なりますが、弊社では最長10年保証を行います。
蓄電池のメンテナンスは必要ですか?
大掛かりなメンテナンスは必要ありません。
フィルター付近の清掃程度で、ほとんどメンテナンスフリーでご利用いただけます。
蓄電池の寿命はどれくらいですか?
10年4000サイクルが寿命の1つの基準です。
蓄電池メーカーは、この基準を上回る電池性能を有しています。
貯めた電気でどれくらい家電が使えますか?
13kwhの蓄電池で400W程度の家電製品を24時間程度稼働させることが出来ます。

テクノナガイに関するお問い合わせはお電話または下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
いただいたお問い合わせに関してはテクノナガイスタッフが誠意を持ってお答え致します。

お問い合わせ電話番号