電解水

電解水とは

電解水とは、水と塩からなるもので、タンパク質や油脂を分解する洗浄効果をもつ【アルカリ性電解水】と菌やウィルスに対して除菌効果をもつ【酸性電解水】があります。
食器や調理器具の洗浄、除菌や清掃、洗濯など衣食住にかかわるあらゆるところで活用されています。

電解水の特徴

除菌

酸性電解水に含まれる次亜塩素酸の力により、高い除菌効果を発揮します。

脱臭

酸性電解水に含まれるオゾンにより、臭い成分を分解して脱臭します。

漂白

酸性電解水に含まれる塩素系成分により、黄ばみ・黒ずみなどの汚れ色素を分解します。

洗浄

電気的な力や酸化・乳化作用により、細かい部分に入り込んだ汚れも強力に洗浄します。

菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤だけでは菌を覆っている汚れにガードされてしまい、充分な除菌効果を発揮することができません。
そこで、洗浄力と除菌力、ダブル効果のある電解水をおすすめします。
まず「アルカリ性電解水」で、細菌の温床や臭いの元となるたんぱく質・油脂汚れを分解洗浄。
その後「酸性電解水」で菌を除去します。

食品分野に広がる電解水

食品分野では、酸性電解水は食品添加物殺菌料の指定をうけており、従来の塩素剤に変わる安全な食品の殺菌剤として急速に、惣菜や水産加工品などの食品工場を中心に導入が進んでいます。

有機農産物使用可能農薬

平成29年3月、有機農産物の日本農林規格で「次亜塩素酸水」が使用可能農薬に新規追加されました。

食品添加物殺菌料への指定

平成14年6月に酸性電解水(次亜塩素酸水)が厚生労働省より食品添加物殺菌料として指定され、平成24年4月にはpHや塩素濃度の基準が拡大され、カット野菜の洗浄や厨房機器の洗浄除菌に活用されるようになりました。
さらに、平成26年4月には生食用生鮮魚介類や冷凍食品の加工時に使用する事が出来るようになり、電解水はさらに幅広く活用できるものとなりました。

特定農薬への指定

平成26年3月、きゅうりやいちごの病害の一部に効果があることが認められ、酸性電解水が「特定農薬」に指定されました。

酸性電解水と次亜塩素酸ナトリウムとの比較

一般的に除菌など衛生管理に使われている次亜塩素酸ナトリウムと酸性電解水との比較を表にしてまとめました。
安全性や使い勝手の良さで酸性電解水が優れているということをお分かりいただけるのではないでしょうか。

  酸性電解水 次亜塩素酸ナトリウム
作業性 ・取水口からそのまま使用できる
・対象物が濡れていても問題ない
・適正な希釈が必要
・すすぎが大変
使いやすさ ・直接肌に触れても問題ない
・ほとんど臭いがしない
・手荒れする懸念がある
・手袋、マスクが必須
除菌効果 ・ほとんどの菌を除菌できる ・高濃度にしないと効果がない
安全性 ・誤って口に入っても問題ない
・食品添加物
・高濃度で使用するため、塩素が残りやすい
・クロロホルムが発生しやすい
・人体への影響がある
酸性電解水 作業性
・取水口からそのまま使用できる
・対象物が濡れていても問題ない
使いやすさ
・直接肌に触れても問題ない
・ほとんど臭いがしない
除菌効果
・ほとんどの菌を除菌できる
安全性
・誤って口に入っても問題ない
・食品添加物
次亜塩素酸ナトリウム 作業性
・適正な希釈が必要
・すすぎが大変
使いやすさ
・手荒れする懸念がある
・手袋、マスクが必須
除菌効果
・高濃度にしないと効果がない
安全性
・高濃度で使用するため、塩素が残りやすい
・クロロホルムが発生しやすい
・人体への影響がある

清掃でも活躍できる

電解水は、特殊な薬品を加える必要もなく、そのまま使用できます。
また、基本的には水なので、様々な器具と組み合わせて使うことが可能です。

利用シーンもこんなところが想定できます

工場内の衛生管理

工場内の清掃などにも、気にせず手軽にたっぷり使えます。
電解水が流れることで側溝も除菌され、嫌な臭いが抑えられます。

調理器具

まな板・バット・包丁などの洗浄・除菌にも。
食材への臭い移りも気にせず使えます。

加工機械の清掃

加工機械の汚れをアルカリ性電解水が分解し洗浄します。
魚の臭い除去にも効果を発揮します。

コンテナ

衛生管理は輸送の段階でも重要です。
トラックのコンテナ内の洗浄・除菌などにも電解水は有効です。

問い合わせる

テクノナガイに関するお問い合わせはお電話または下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
いただいたお問い合わせに関してはテクノナガイスタッフが誠意を持ってお答え致します。

お問い合わせ電話番号